ベッドに発情期

鍵垢dis食らう記事書きます

自作PC組みました

これから自作PC組みたい人の参考になればなあ、と

自分が見積もる上で一番困ったのは「この組み合わせで起動するのかどうか」ってことでした。なので、自分の組み合わせと追加で買ったものや付属品を書いていこうと思います。

当然ですがちゃんと自分でググりまくって調べられる人じゃないとよほどの天才以外は組み立てることができないので、粘り強く頑張れる人以外はBTOがいいです。粘り強く頑張れる人でもBTOのほうがいいかもね・・・

 

【CPU】インテル Core i5 6600K BOX

【CPUクーラー】サイズ 虎徹 SCKTT-1000

【メモリ】Corsair CMK16GX4M2A2666C16 [DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組] 

【M/B】MSI Z170A GAMING M7

【グラボ】MSI GTX 970 GAMING 100ME(米アマゾンから輸入。もう少し待ってGTX1060買うかオリファンのRX480を買いましょう。グラボは米アマゾンから買ったほうがかなり安くつきます。)

【HDD】WESTERN DIGITAL WD10EZEX [1TB SATA600 7200] 

SSDcrucial BX200 CT240BX200SSD1 (2個買ってRAID

光学ドライブ】なし(Win10のOSのインストールはUSBからでした。)

【OS】マイクロソフト Windows 10 Home 日本語版 KW9-00382

【ケース】ANTEC P100

【電源】ANTEC NeoECO Classic NE650C

【グリス】AD-DA™ シルバーグリス Arctic Silver 5.0

【スピーカー】LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW(安いモニター買うと音質の違いにビビります。)

 

SSD以外はとても余裕をもってケースに入りました。SSDは俺が入れ方を間違ってるだけかもしれないけどかなり変な入れ方になりました。まあケーブルに負荷がかからずケースに入ればきっとOKです(汗)

付属品はマザーボードSATAケーブルが4本、クーラーにグリス。SATAケーブルが4本付いてたので今回はそれで賄えました。安いマザボを買うときはSATAケーブルが2本しかついてないこともあるので注意が必要です。この構成では3本必要なので足りないときは買い足しましょう。グリスは「なんとなく付属品じゃあ冷えなさそう」という根拠も何もない理由からちゃんとしたのを買い足しました。かなり大事な部分なのでこういうところはお金を出したほうがいいんじゃないかなあというのが自分なりの考え。

 

まずこの構成から気になるのはCPUがi7ではない点と、グラボがGTX970であることだろう。i7ではなくi5である理由は「安い」「i7をフル活用するタイミングがない(エンコードとかしない)」「オーバークロックすれば全然いける」の3点です。グラボがGTX970なのは「予算がなかった」これだけです。2年後くらいに買い替えればいいかなくらいの気持ちで買いました。一応オーバークロックすればEVOLVEの最高設定もヌルヌル動きます。オーバークロックしなくてもオーバーウォッチくらいなら最高設定で余裕でした。

 

それと、OSのインストールが終わったらちゃんとドライバをインストールしましょう。付属ディスクか製品ページに行けば手に入ります。俺はドライバのインストールを忘れてて音が出ないわネットに繋がらんわで大苦戦しました。たぶんPC持ってない人がいきなり自作組むなんてことはしないと思うけど、ネットにつなげられるPCを持ってない人は外付けでもいいので光学ドライブ買わないと詰みます。

 

【最後に】

生協に生協特価18万の糞スペックPCが売ってて、今まで使ってたノートPC(AVAすら動かない)が不調だったので「これよりも安くゲーミングPC組んでやる!」って感じで組み始めました。実際にモニタやLANケーブル、ゲーミングキーボードなどを含めても17万ちょっとで済んだのでそこそこ安くついたのではないかなと思います。明らかにマザボの値段が高いが、俺は「何かをするしない」ではなく「できるできない」を重視するタイプのオタクなのでこれを買った。USBのType-Cとか何に使うか知らないが、後になって後悔するなら今対応している製品を買ったほうがいいという考え。事実CPU、メモリ、グラボはオーバークロックに対応したのを買っている。実際にオーバークロックするしないは別としてできるできないを念頭に置いた。水冷ではなく空冷なのであんまりにも強めのオーバークロックはやめましょう。たぶん熱で死にます(^-^)